aisuruhitonosi

苦難

恐怖の家族の死を乗り越えられないのは後悔や罪悪感で自分を責めるから

心が苦しくならない為に、愛する人の死が怖い、失ったら生きてけない

生きていて

一番苦しいこと

自分自身

を責め続ける

後悔

の気持ち

亡くなった人

に対する

懺悔の思い

一生

自分を苦しめていく


生きていれば、

いずれ身近な人の死を経験

していくと思います。

人は必ずいつか死ぬので

避けては通れません。

考えるだけで辛くなるし、

想像もしたくありません。

私は幼い頃から、大好きな親や祖父母が、

いつか亡くなってしまうことは分かっていながらも

認めるのが嫌で考えないようにしてきましたが、

いつかやってくる家族の死への恐怖心を

心のどこかで抱え続けて過ごしていました。

でも

生きている人と接している現実の中で、

その人が

「いつかこの世から居なくなってしまう」

なんて思えなかったし、

「絶対死ぬわけなんてない」

などと思ってさえいました。

そんなふうに考えることができたのは、

身近で亡くなった人が

まだ居なかったからです。

でも絶対に認めたくなかった

心の中で恐れていたことに直面する日が

とうとう来てしまったのです。

私自身の身内の死は、たて続けに起きてしまいました。

2番目に産まれた子が

生後5ヶ月で突然死したのです。

自分が許せず

辛さから逃れたいがために、

死んで逃げることばかり考えていました。

でも上の子はまだ1歳ちょっとでした。

私が居なくなったらこの子はどうなってしまうか、

だけど、生きるのが辛い

自分が楽に逃げたいのに

見捨てられないまま、

「とりあえず今日1日だけ生きていよう」

と1日1日生きながら、

いつまで頑張らないといけないのか

「いつまで続くかな」

と、どうにか過ごしていたのです。

その矢先、

約3ヶ月後に、おじいちゃんが亡くなってしまいました。

おじいちゃんは一番私を可愛がってくれてたので

大好きなおじいちゃんにもう二度と会えないんだと思うと、

淋しくて、

とにかく淋しくて、

心に穴が開いたようでした。

不幸はまだ終わらず、

おじいちゃんが亡くなって1週間目に

私の父が亡くなりました。

親子で天国に逝ってしまったのです。

その頃の母、姉、祖母、私の精神状況は

最悪の状態でした。

無気力状態でも3人たて続けに葬式を出し、

誰にも会いたくなくても

大勢の人と顔を合わし

言葉を交わしていく。

亡くなってすぐお通夜や葬儀を行うことは、

悲しんでいられない時間を遺族に与えてくれる

ために、現実を取り戻すためにあるのかな

とさえ感じました。

外に出て、澄み切った青空を見たとき、

なんとも言えない悲しさ

がおしよせてきたことがありました。

こんなに心が苦しいのに、

どうして空はこんなに澄み切った晴天なんだろう

と辛かったのだと思います。

外の景色がグレーに見えたこともあります。

くすんだ灰色の世界でした。

身近な人を失ったことで辛いですが、

私の心の中で記憶として生き続けている

ので、その後も辛さを引きずってしまう

ので心が晴れることはないのです。

家族の死後、

残された自分が生きていかなければならないのに、

どうしても私を苦しめて消えることはない

今でも苦しめ続ける

後悔

という

自分を責め続ける感情

があるからです。

死んでしまうなんて思いもしてなかった大事な人が

居なくなってしまったら

「こうしてあげてればよかった」

どうしてあの時してあげなかったんだろう

と、いろんな悔やみばかり

脳裏を駆け巡るのです。

そんな後悔ばかりの感情が

心を苦しめることが

痛いほどわかったのです。

誰でも突然死んでしまう可能性はあります。

だから

日頃から大切な人達には精一杯の自分で接していよう

心がけて生活しています。

どんなに面倒臭いときでも、

イライラすることでも、

大事な家族には一生懸命な自分で接していく

のです。

優しいからだとか、甘いから、

と思われてるはずです。

過保護にしてしまってるかもしれません。

だけど

後悔の苦しみを二度と味わいたくないから、

家族のために尽くしているのです。

それは

結局自分自身の為

なんです。

苦しむのが嫌だから、

心が弱いから、

苦しいことがあると生き辛くなるのが嫌だから、

なんです。

「自分の子を死なせてしまった罪悪感」

は、どんな状況であっても、

自分のせいなんです。

十字架を背負って生きています。

愛する人たちを失った心の痛みについては

今後も別のタイトルで書いていこうと思ってます。


ピックアップ記事

  1. 過ちを繰り返す自暴自棄な生き方を抜け出す!人生を変えられたきっかけ
  2. 酒乱の原因アルコールに依存する心理と暴れて家庭崩壊し信用失い後悔
  3. 偏見が多い日本人?アメリカに惹かれてしまう理由!偏見は視野が狭い
  4. 恐怖の家族の死を乗り越えられないのは後悔や罪悪感で自分を責めるから

関連記事

  1. siren

    苦難

    試練は人を成長させるチャンス!どう感じるかで変われるし変わらない

    どんどん吸収して「大きくなっていける」人ボ〜〜っとただ流さ…

意欲向上、ぐっすり眠りたい、イライラの緩和に天然成分サプリ!鬱や不眠に。


【PrimaForce】5-HTP100mg

おすすめ記事

  1. waruginakuhitowookoraseruhito
  2. aisuruhitonosi
  3. kibisisahaomoiyari
  4. kirawareruhito
  5. kosodate
  6. kodomonohikou
  7. siren

検索

  1. kibisisahaomoiyari

    改善

    人に厳しくするのは思い遣り!自分に厳しい相手が自分の為になる
  2. teiyouryoupiru

    精神症状

    精神的に辛いイライラ月経前症候群の対処法を低用量ピル効果で改善
  3. adhd

    精神症状

    発達障害ADHD注意欠陥多動性障害の特徴と原因に症状!治療法と対応法
  4. kirawareruhito

    改善

    空気が読めない人!嫌われる理由?口は災いの元!皆を傷つけ怒らせる
  5. kodomonohikou

    子育て

    子供が非行に?原因は?家庭崩壊を修復したい!親業の思春期と自発性
PAGE TOP